mariさん

本文の編集させていただいております。

記事一覧(30)

ギョギョギョッ! あなたもいつ遭遇するかわからない!? ニュースとして扱われた摩訶不思議・電車事件簿 【前編】

巷でウワサのオカルト遅延は御存知だろうか? つい先日、都営地下鉄大江戸線の御徒町駅で“人が立ち入ったことによる”安全点検のため遅延があった。よくある出来事なはずなのに、それがTwitterなどで話題になっている。実は電車の遅延理由が不可解だったため、話題になったのだ。オカルト遅延と話題になった事件は以下の通り。【2016年9月11日 07時05分】 都営地下鉄・大江戸線の新御徒町駅 線路内に子どものような人影を目撃し、非常停止した。光が丘駅から都庁前駅間の全線で運転を見合わせ(約40分遅れ)て、確認を取るも、人の立ち入った形跡はなかったようである。その後は、万が一に備え、蔵前駅と新御徒町駅間では09時20分まで時速10キロの徐行運転をしていたようだ。「見間違いか~」ですまさず、安全確認を怠らない姿勢は正直すごいと思う。運転士の見間違いか!?ネットでは幽霊のため遅延したと話題に!!都営地下鉄・大江戸線は2013年(4月)から全ての駅にホームドアが完備されている。ホームドアは、駆け込み乗車を防ぐとともに、落下なども未然に防止するためのものである。だから、大人の胸ほどある。そのため、路線内に子どもが入ることは難しい。大人でも目立たずに入り込むことは難しいのではないかと思う。つまり、人が立ち入ったとは考えにくい状況なのは事実だ。見間違いの可能性はあるが、実のところ防犯カメラの映像による検証では、ホームから路線内に立ち入る男性の姿やよじ登る姿があったそうだ。ただし、乗客に紛れてしまい定かではないという職員の話しと、そんなに目立つ行為をしたのに目撃情報が得られないことに疑問の声も上がっている。生きている人間か、幽霊かはさておき、朝のラッシュ時に迷惑極まりないヤツだということだけは確かである。

魂と向き合う【イタコ】

90年代後半、世界中で人気を博した劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』が2017年にハリウッドの実写映画として新たな幕を上げようとしている。GHOST IN THE SHELLとは、ゴースト、つまり魂の在処をテーマにした物語だ。私たちもふとした瞬間、自分の魂について考えることがあるだろう。自我がある、それ自体を魂と呼ぶのか、姿形が変わってしまったら……。このようなテーマは、『攻殻機動隊』や安部公房『他人の顔』など、多くの作品の中に組み込まれている錆びないテーマのひとつだ。とはいえ、このテーマに向き合って暮らすのは難しい。そんな中、このような課題をずっと身近なテーマとして扱い、自然と生活に組み込んでいる人々がいる。【イタコ】と呼ばれる人々だ。常人の生活領域から逸脱し、魂と触れ合ってきた【イタコ】の世界を少し覗いてみよう。案内人として未知の領域に導くネパールにヒマラヤ登山の支援をしているシェルパという案内役がいる。高地に順応し、驚異の身体能力を誇る彼らは、常人だけでは決して訪れることのできない“未知の領域”まで旅人を導く。常人だけで繋がるには難しい世界との橋渡しをしてくれるという意味では、【イタコ】も彼らと同じではないだろうか。